忍者ブログ
幼児英語アルクの幼児英語教材やマザーグースの幼児英語教育、ディズニーの幼児用英語教材の幼児英語DVD 、中古の幼児英語教材 、ヤマハの幼児英語教室 、リトミックの英語教育などのウワサ・口コミ評判ほか
  フリーエリア

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今、幼児の英語教育が多くの雑誌で話題になっています。

どうしてでしょう?そのわけを考えてみたいと思います。

■まず1つは現在の子供達が大人になる頃には、グローバル社会になっていると
言われていることがあげられます。

企業でも英語でメールのやり取りが行われているそうですし、多くの日本に移住
している外国人も、英語圏の人でなくても英語を話す人が多いですね。
また、日本から海外へ留学する人もどんどん増えてきました。

最近では、旅行先も国内よりも海外を選ぶ日本人が増えてきています。
せっかくの海外旅行を、より楽しく過ごす為に、英会話の本などを購入したり事
前に学習する人も増えています。

■日本の教育界でも英語が重要視されていて、小学校の低学年から英語を学ばせ
るそうですよ。
それでは小学校で学ばせば良いという意見の親もいますよね。確かに学校に従っ
て小学校から英語を学ばせるのもいいかもしれませんね。

しかし何故、幼児英語が注目されるかと言うと、4歳以下のお子様に学ばせる方
が英語を習得しやすいと考えられているからです。

その理由として、赤ちゃんは脳や舌などの口の筋肉が未発達のため、語学などの
学習に関して「柔軟性」に優れているからだそうです。
このように色々な事を柔軟に覚えられるという吸収力の高い幼児期を利用して、
英語などの言葉を自然にインプットさせると効果的なんだそうです。
この柔軟性は4歳までが最も覚えやすい時期だと言われています。

■遊びの延長で覚えてくれるのも目を向けられている一つかもしれませんね。

現在は、英語にストーリー性を重視したり、リトミックなどを取り入れて楽しい
音楽、テンポ、デザインなど子供達を引きつけるような幼児英語教材も多くあり
ます。また教室などでもダンスを取り入れたりと楽しく学べる教室も多いです。

子供が少しづつですが英語を覚えていく成長を見るのも結構楽しいですよ。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]