忍者ブログ
幼児英語アルクの幼児英語教材やマザーグースの幼児英語教育、ディズニーの幼児用英語教材の幼児英語DVD 、中古の幼児英語教材 、ヤマハの幼児英語教室 、リトミックの英語教育などのウワサ・口コミ評判ほか
  フリーエリア

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


子供に習わせたい習い事の一つに英語があります。
私も子供が産まれたら是非英語を学ばせたいと思っていた親の1人です。
教育ママと言う訳では決してないのですが、今までで大変だったけど楽しかった
教科が英語でした。

確かに中学生では、教科の勉強などを学んでいるせいもあって、突然英語を覚え
ろと言われてもちんぷんかんぷんで頭に入らないと言う人も少なくありません。
英語を勉強の一つと考えている私たちには、テストなどのために英語は、勉強を
しなければならない教科と思い込んでしまいがちです。

現在は、グローバル社会といわれ、英語は、これで世界を渡っていけると言って
もいいほど他の国でも使われています。
また、日本には多くの外国人が滞在しているし、日本人が外国へ旅行や留学をす
る機会もどんどん増えてきました。なので外国人と触れ合う機会も多くなってい
ます。

以前外国へ行った際に英語を使いましたが、相手に通じて嬉かった思い出があり
ます。
これからさらに日本は、外国人との交流も増えていくといわれています。その為
に英語はどんどん重要視されていますね。

私達の時代は、ほとんどの人が中学生の頃から英語を習い始めていましたよね。
現在は、小学校低学年から英語が導入されてきてるので、保育園や幼稚園でも英
語の授業を行っている所が増えてきています。そんな園は、大変人気があります
ね。

でも何故幼稚園や保育園から英語を学ばすのか疑問に思う人も少なくないでしょ
う。
それは赤ちゃんが持つ能力に関係しています。
赤ちゃんは、英語や日本語など世界中の言葉を聞き分け、その発音を吸収出来る
能力を持つと言われています。
その吸収する能力は、4歳までが言葉を覚える為の期間と考えられているので、
保育園から学ばすお母さんも増えて来たと考えられます。

皆さんも是非楽しく学ばせてみてはいかがでしょうか。学ばせる場合には多くの
英語教材がありますので、お子様に合ったのを学ばせてあげてくださいね。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]